切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 帝王 NO.7000

剣刃について

帝王 NO.7000を研ぎました

ハサミDATA

片剣刃 柳刃
ネジ
出っ張りタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

今回は剣刃についてです。

ちなみに今回のハサミは片剣刃(かたけんば)です。

片方(静刃)が剣刃で、もう一方(動刃)がハマグリ刃でした。

剣刃ってなに?って思った方にこんなヤツです。

この剣というのは、ヨーローッパの剣はこんな形になっているようです。

ちなみに、

日本の剣は日本刀で、切る武器です。

が、

ヨーローッパの剣は、切れないで打撃用の武器です。

どちらかというと、金属バットに近い武器になります。

(映画とかで、普通に素手で受け取りていますね(笑))

 

さて、

では、剣刃がいいか?

って話ですが、

いいような、、、、悪くはないです。

では、ハマグリ刃と比べていいのか?

って話ですが、

いいような、、、、悪くはないです。

 

です。

「そんな、それじゃあ。同じみたい!」

そんな声を心の中で叫んでいるアーナーター!

 

そうです。

同じです。

 

刃の切れ刃のところの

刃角度や鋭さ加減などが同じであれば、切れ味は同じです。

峰がどうであろうが、同じです。

 

でも、

みためのデザインは全く違いますね。

 

作るのもちょっと剣刃の方が手間がかかります。

 

研ぐのはどちらもあまり変わりませんが、

未熟な技術だと剣刃は研ぐのが難しいと感じるかもしれませんね。

(実際、剣刃で鈍角に研がれ過ぎていて切れないハサミをよく見ます)