切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 八栄 36目オフセット

ヤサカのセニングを研ぎました。

刃とハンドルがネジで止められているハサミです。

八栄 36目オフセットを研ぎました

ハサミDATA

36目のセニング

正刃。

櫛刃はシンプルなV溝タイプ。棒刃は直刃の段刃。

ネジはマイナスネジ。

ハンドルは、オフセット。

はさみ職人's EYE

このハサミは、刃の部分とハンドルの部分が明らかに違う素材です。

刃の部分は当然ですが、鋼です。

ハンドルは、プラスチック?で銀メッキです。

刃とハンドルを通常だと溶接でつないでいるのが多いですが、これはネジ止めしてあります。

evernote-snapshot-20130420-153940

こうして溶接作業をなくして、ネジ止めをすることによってコスト削減ができるんでしょう。

そのぶん、「軽いので、おもちゃのように感じる」とおっしゃる方がいました。

私は、ハサミとしていいか悪いかは置いておいて、

実は、このネジの精度がとてもいいという印象を持っています。

すごく精度が高く、きっちと止まっています。

日本の加工技術力の高さを証明しているかのようなレベルです。

同じ日本人として、誇りに感じるいい仕事ですね!

閉じる