切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 光 E-7②

とても刃が荒れていました。

光 E-7②を研ぎました

ハサミDATA

7インチ。

ハマグリ刃の柳刃

ハンドルは、ラクダのオフセット。

ネジは、マイナスネジ。

はさみ職人's EYE

乾いた毛をよく切ると力づくで切っている感じになります。手が痛くなるような感じです。

刃を触ると、ノコギリのような感じに荒れていました。

わざわざ顕微鏡で見ることはありませんが、

切れる刃が真っ直ぐなのに対して、恐らく、小さな波の形の刃になってしまったのではないでしょうか?

一般的に刃が鋭いほど、刃物は切れます。

しかし、ハサミの場合、ちょっとマズイこともあります。

はさみの刃が鋭いと、毛に負けることがあるんだと思われます。

そのときの鋭さは、すごく尖っていて、うすーーーい感じの刃を想像してみて下さい。

人間の毛で例えれば、剛毛ではなく、、、赤ちゃんのうすーい産毛みたいな毛です。

刃で言えば、カミソリの刃の1/100くらいの刃があったとすれば・・・

毛の硬さに負けて、折れてしまったり曲がったり凹んだりします。

今回のハサミも、刃先は凸凹していました。

鋭ければ鋭いほどいい・・・・そんな風に考えがちですが、そうでないこともあります。

閉じる