切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 光 6032

ひっかかるということです。

光 6032を研ぎました

ハサミDATA

正刃のセニング。

棒刃は、直刃のハマグリ刃。

櫛刃は、V溝の30目。

ネジは、シンプルなマイナスの平ネジ。

はさみ職人's EYE

昔のセニングです。

シンプルです。

このセニングの更に昔。

セニングは、恐らく100%引っかかってしまうような精度の悪いものが多かったようです。

それ精度の悪いセニングと比べると、これはきちんと研いでいれば、ひっかかることは少ないです。

そういった意味で革命的だったのかもしれません。

さすがに、現在では古さを感じないとはいえません。

しかし、はさみの技術の歴史を考えると「素晴らしい先輩」に敬意を払いたいと思います。

閉じる