切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 光 BEAM 162

リクエストは「すごく切れるようにしてください。すべてお任せします。」

自分の感性が試されそうです。

光 BEAM 162を研ぎました

ハサミDATA

6インチ。

ハマグリ刃の笹刃っぽい、柳刃。

このくらいのRだと、柳刃っぽい、笹刃でもいいと思います。

ハンドルは、特殊なオフセット。

指穴も大きく、固定されないので、自由度が高い。

ネジは、一番シンプルなマイナスネジ。

はさみ職人's EYE

実は、すごく切れるといっても、技術者によっていろいろあります。

やさしく切れるように・・・系なのか。

きっちり逃げないように・・・系なのか。

美容室にくるお客さんが「きれいにしてください」というのと、似ているかもしれませんね。

ロングがいいか、ショートがいいのか・・・?

何度もリピート頂いている方なので、「どんなふうによく切れるようにしたいか?」そんな風に聞くのも野暮です。

その辺は、空気を感じ取って、刃付けに生かしたいと思いました。

この鋏は、刃線のRから普通に研ぐとすべりすぎる感じになります。

研ぐ前の刃の状態は、とてもきれいでした。

そんなベテランの方でなく、これから上をねらう美容師さんです。

そんな状況から、「よく切れる」刃付けをしました。

結果、ブログにコメントいただきました。

094-kazu

■すごいです

ありがとうございます(^o^)/
感動しました(‘∇`)
かなりスパスパと(*^-‘)やはり職人ですね(⌒0⌒) いつもオオタさんには感謝しています(^^)/ ありがとうございますε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

かずさん!

どうもありがとうございました。とても、うれしいです。

 

閉じる