切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 三輪 SLT65

「三輪」というブランドのハサミです。

名古屋周辺のブランドです。なぜなら、ご依頼頂く方が名古屋周辺の方だからです。

先代の職人さんは素晴らしい方だったようです。

代替わりして、、、いい研ぎ屋さんがいない・・・・という悩みをお持ちの方が多いようです。

309a

今回のかたもそのようです。

「研ぎジプシー」なんて、言葉のセンスがいいですね。

三輪 SLT65を研ぎました

ハサミDATA

【刃】
笹刃風の柳刃。ハマグリ刃。

【ネジ】
出っ張りのカチカチタイプ。
【ハンドル】
オフセット。立体的なハンドルです。

はさみ職人's EYE

やや鈍角の刃でした。

そして、雑な刃でした。

雑な刃というのは、わかりにくい表現ですね。

カットに例えたら、ワンレングスを切って、不揃いになっているような感じです。

遠くからみると、きっちり揃って見えるのが、近くで見ると、バラバラ、、、というような感じです。

ハサミも少し離れてみると、どのハサミも同じですが、虫眼鏡でみるとかなり違います。

実際そのようにして見ることも多々あります。

雑な刃付けだと、やはり切れる感覚もザツになものです。

閉じる