切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 三輪 AD40

「三輪」というブランドのハサミです。

名古屋周辺のブランドです。なぜなら、ご依頼頂く方が名古屋周辺の方だからです。

先代の職人さんは素晴らしい方だったようです。

代替わりして、、、いい研ぎ屋さんがいない・・・・という悩みをお持ちの方が多いようです。

今の状態は「ん~、、、どうかなぁ~?」という感じだそうです

三輪 AD40を研ぎました

ハサミDATA

【刃】
櫛刃・・・シンプルなv溝の40目。
棒刃・・・シンプルな直刃

【ネジ】
出っ張りのカチカチタイプ。
【ハンドル】
オフセット。静刃が長いです。

はさみ職人's EYE

前回のカットシザーはやや鈍角の刃でした。(前回

そして、雑な刃でした。

このハサミは、すごく鈍角な刃がついていました。

依頼のメモで「ん~、、、どうかなぁ~?」とのことでしたが、まさにその通り!

素晴らしい言葉のセンスです。

 

実は、、、

セニングの研ぎ方って少し難しいと言われています。

素人のひとが

カットシザーを

てきとーーに研いだら、

だいたい切れなくなります。

しかし、それなりには切れます。

(いろいろストレスがたまりますが、、、)

しかし、

セニングの場合、てきとーに研ぐと全くといいほど、切れません。

まさに「やってもうた!」状態になりやすいです。(笑)

ただ、中にはいろいろ工夫して、

この状態をクリアする方法をみつけるひとが出てきます。

それは、棒刃の表側だけを研ぐという方法です。

これだと、ちょっとだけ良くなった気がします。

今回のセニングは、この状態でした。

 

その後、研ぎました。

研ぐ前がそれなりだったので、研いだあとは試し切りをしたら、

天にも登るようなすごくよく切れるようになりました。

持ち主の方より先に使ってしまって、申し訳ないくらいです。

とはいえ、よく切れるセニングは、とてもいい感じですね。

閉じる