切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ヤサカ 30目オフセット

セニングは片方がクシです。

もう片方が棒です。

当たり前だけど。

 

で、

たくさん研いで、

どこまで研いだら寿命なんでしょうか?

 

ヤサカ 30目オフセットを研ぎました

ハサミDATA

櫛刃:30目 棒刃:はまぐり刃 直刃
ネジ
出っ張りタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

一般的なセニングの研ぎ方は、

クシ刃の方をあまり研がないです。

「あまり」というのが微妙な表現です。

たくさん研ぐと、櫛刃(クシバ)のV溝(ブイミゾ)がなくなってしまいます。

そうするとカット率がかわってしまいます。

なので、カット率が変わらないように、そしてよく切れるようになるように研ぎます。

なので、ちょっと技術力は必要です。

棒刃(ボウバ)は普通にカットシザーと同じように研ぎます。

 

で、

研ぎまくると、棒刃が細くなります。

今回のセニングも細目になっていました。

で、

細くなったら、爪楊枝みたいに細くなります。

で、

力が伝わりにくくなります。

すると

刃先が切れない!という症状になります。

(正確に言えば切れるけど、いままで力強く切れたのがやっと切れる感じ・・・です。)

または、切れなくなるのが早くなった・・・などです。

こういう症状も

少しづつでてくるので、

気になってきたら、買い替えのタイミングです。

逆に

気にならないようなら、そのまま使い続けても大丈夫です。