切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ミズタニ SWORD DAMA

模様がきれいです。

パワーハサミとしてつかっていらっしゃるということです。

最近、力強く切れなくなってきたということで研ぎの依頼をうけました。

ミズタニ SWORD DAMAを研ぎました

ハサミDATA

6インチくらい。

ハンドルが長いので、正確には6.3インチくらいでしょうか?

剣刃に段刃の刃付け。

ハンドルは、オリジナルの大きなオフセット。

ネジは、オリジナルの出っ張りの少ない出っ張りネジ。

はさみ職人's EYE

とてもきれいな模様です。

流行りののダマスカスです。

ダマスカス鋼とは、何か?いろいろ調べてみました。

そもそもダマスカスというのは、地名です。
シリア(地中海のイスラエルの近く)という国の都市名です。

で、ヨーロッパ人がこの地方に十字軍で戦いに行って、戦利品として持って帰ってきたのが名前のツールになっているようです。

この鋼は、インドのウーツ鋼というのが起源だそうです。

その特徴は、2つあります。

・サビびない・・・現在でいえば、ステンレスです。
・模様がある・・・刃紋などあり、積層鍛造っていう技術です。

(ウーツ鋼より、ダマスカス鋼のほうが響きがいいですね。)

その後、19世紀に生産が途絶えてしまい、製法がハッキリ分かっていないそうです。

現代の理美容のはさみのダマスカス鋼は、厳密には「ダマスカス鋼に似た現代風ダマスカス鋼」という感じです。

錆びない、模様があるという点で、共通しますね。

さて、

ハサミに使われているダマスカスは、

混ぜ合わせた2種類の鋼を(薬品処理して)、模様を際立てています。

研ぐとその模様は、とても薄くなり、拡大してよーーく見ると模様を確認でる程度です。

このハサミの切れ味としては、柔らかく切れました。

このハガネは柔らかいです。柔らかくないものもあります。

なが切れは期待できないかもしれませんが、とてもきれいな模様は持っているだけで満足感を感じさせてくれそうなところは、いいですね。

閉じる