切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 マツザキ MMA J-DUET3035

リョウグシです。

??って思っている方、これですよ!

マツザキ MMA J-DUET3035を研ぎました

ハサミDATA

6インチのメガネ。

刃は動刃も静刃もV溝の櫛刃です。

ネジは埋め込みタイプ

ハンドルはメガネです。

はさみ職人's EYE

最近、あまり見かけなくなった、両櫛のセニング。

刃の両方が櫛刃だから、リョウグシと呼ばれます。

その特徴は、ヌケがいい、と言う点です。

それは、形をみると隙間が多いのでヌケがいいのです。

 

ですが

が、

が、が、

が、が、が、

あえて、言います。

リョウグシだからってヌケが良いとは限りません。

悪いとも言いませんが、意外と、、、意外です。

私なら、普通のセニングを買って、「超ヌケヌケに研いでください」とリクエストをします。

このとき、カット率がダウンします。3割~5割。

注意が必要です。

なんで、リョウグシは見た目ほどヌケが良くないか?

これは恐らく、櫛刃だと力が伝わりにくいから、と思っています。

もしかしたら、目切りするときに焼きが入って、ハガネが弱くなってしまうなんてことも考えてしまいます。(あまりにマニアックでした・・)

要するに、

意外と使ってみないとわからないものだ・・・・

ということでした。

閉じる