切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ヘンケル6.5インチ

ヘンケル6.5インチっていう、ドイツのメーカーのものです。

ヘンケル6.5インチを研ぎました

ハサミDATA

6.5インチ

段刃の直刃

オフセットです。

ネジは出っ張りの目立たないタイプ。

金メッキが施されています。

はさみ職人's EYE

ヘンケル6.5インチっていう、ドイツのメーカーのものです。

マークは、人が並んでいるようなヤツです。

包丁なんかもありますね。

ネジのところには、「ゾーリンゲンのヘンケル6.5インチ・・・」みたいなことがドイツ語で書かれています。

このゾーリンゲンについて

ドイツには、ゾーリンゲンという刃物が有名な地域名です。

勘違いしている方が多いですが、メーカー名ではありません。

(日本の刃物の地域では、関とか、堺とか有名ですね。)

私の親の世代(戦前、戦中)なら、

ゾーリンゲンといえば、

「そうそう良く切れる刃物ね」って感じで、

よーく知っていると思います。

それだけ発達していた刃物地域です。

日本のハサミのお手本になったところだと思います。

いま。

理美容のハサミでは、日本製が圧倒的に上です。

鋼もいいし、

作りもいいです。

日本のハサミに携わった先輩方々に感謝!

閉じる