切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ファルコ 7インチメガネ

「落とした・・切れ味が落ちた・・・」というリクエストでした。

刃中部分に刃こぼれがありました。

ファルコ 7インチメガネを研ぎました

ハサミDATA

はまぐり刃の7インチ。

柳刃の厚めの刃。

ハンドルは、指穴が大きい、メガネ。
柄の長さは長めです。

ネジは、埋め込み四つ目のWネジ。

はさみ職人's EYE

美容師さんのハサミです。

この指穴の大きさは特殊ですね。とても大きいです。

このくらい大きいと、

「ハサミを安定させて、しっかりと開閉する」という感じではなく、

いろいろな持ち方や使い方ができる・・・・

「自由に持てる」いう特徴を生かすことになるんでしょう。

柄の長さが長めで、手の小さいひとには使いにくいのかも・・と思いました。

使いこなすには、練習が必要ですね。

小さいはさみに比べて、大きいハサミほど、ちょっとした傷に弱いものです。

小さいハサミならあまり気にならないような大きさの傷でも、大きいはさみの場合は切れないと感じるもので、実際に切れません。

例えば、

5インチのハサミは、多少刃が欠けていたとしても、

気合!!!!で・・・

(毛を引きちぎるように)切れれてしまうものです。

しかし、

大きいはさみの場合は、

例えば8インチの場合、同じ大きさの刃欠けでも、気合が無駄に感じるくらい切れないです。

長いはさみを使っている方!

落とさないように・・・

慎重に・・・

生まれたての赤ちゃんのように・・丁寧に大事に使ってあげてください!(^.^)

閉じる