切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ハイネッタ 27目オフセット

今回は、セニングのトラブルのあるある・・・です。

研ぎたて、新品で多いベスト3と言ってもいいかと思います。

それが、

 ・いきなり閉じなくなった。

 ・ひっかかる。

 ・キイキイと開閉で音がなる。

では、詳しく見て行きましょう。

まずは、お客さまからのコメントです。

297

ハイネッタ 27目オフセットを研ぎました

ハサミDATA

【ハンドル】オフセット

【櫛刃】
 w溝27目
【棒刃】
 はまぐり刃 笹刃

【ネジ】
出っ張りタイプ

はさみ職人's EYE

今回のハサミですが、上記のコメントを要約すると下記の通りです。

  ・ひっかかり閉じなくなる。
 ・ヌケが悪い
 ・キーキー鳴る。

実はこれ、原因はひとつです。

鋭すぎる刃がついていたためです。

刃は鋭いほうが圧倒的に切れますが、その弊害があります。

上記の3点は、その典型的なものです。

 

このハサミは鋭い刃付けにすると、こうした症状が出やすいということもあります。

(これは悪いとか、いいとかではなく、そういった特徴の構造のハサミということです。

研ぐ人や使う人がその辺をよく理解してあげたいものです)

 

対策としては、鋭過ぎない刃付けにしました。

スムーズに開閉できるし、ヌケをよくしたし、開閉に違和感を出ないようにしたので、大丈夫だと思います。

 

今後ですが、新品や研ぎたては、注意をするようにするといいですね。

具体的には、慣らし切りの期間を充分取るなどが考えられます。

今回は、それなりに対策してあるので、いきなり行っても問題ありません。

 

もし、キーキーと音が出る場合などは、油はいいことですね。

あと、動刃と静刃が触れ合うところ(刃先からネジ付近まで)を拭くというのもいいです。

小さな目に見えないようなホコリやカスなどが原因なので、拭き取るイメージです。

セーム革を使うのがベストですが、指の腹で拭き取っても効果はあります。

手を切らないように、充分ご注意ください。

このハサミに限らず、他のセニングやカットシザーでも開閉がスムーズでないことがあります。

そのときは拭くと効果的です。

よくあることです。

もし、覚えていたら、周りの人に教えてあげてください。(^^)

閉じる