切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ニワトリ FCX-675

FLATとConbevxについて。

裏に「FLAT&Conbevx」と刻印されていました。

ちなみに

FLATと平らな刃の形。

私たちは「ひら」「ひらば」と呼ぶことがあります。

刃をつけると平らな板に段が付く形になるので「段刃」と呼ばれています。

Conbevxはコンベックスですね。

甲丸というか・・・ハマグリ刃とも呼ばれていますね。

上の結婚指輪は、上が甲丸、下が平打ちというそうです。

はさみも同じですね。

ニワトリ FCX-675を研ぎました

ハサミDATA

はまぐり刃 段刃 太めの直刃に近い柳刃
ネジ
埋め込みタイプ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

こちら側がFLAT側。

段刃、平刃、平打です。

ちょっと錆びていますね。

(これから研ぎます。)

今のハサミは圧倒的にコンベックスが多いです。

よくハマグリ刃と段刃どちらがいいか?と聞かれますが、

どっちがよくて、どっちがよくないということはないです。

ただ、

肉厚なハマグリ刃は、あまり良くないです。

特に刈り上げをするときは不向きです。

それは、・・・

刈り上げをしているイメージを頭に入れてください。

左にコームを持って。

右に肉厚ハマグリ刃。

下から刈り上げて・・

コームに肉厚な刃が当たるのがわかりますか?

開閉するたびにバタバタ・・・と当たるので、櫛を頭皮の距離を一定に保つことができません。

結果、上手にそろえることが難しくなってしまいます。

へぇ・・・!

っていう話でした(^^)/