切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 ナルト 31目逆刃オフセット

ネジについて⑧

今回は、ナルトのオリジナルカチカチ出っ張りネジです。

意外な方向へ話は進みました↓

ナルト 31目逆刃オフセットを研ぎました

ハサミDATA

31W目 はまぐり刃 直刃 逆刃
ネジ
ナルトのオリジナルカチカチ出っ張りネジ
ハンドル
シンプルなオフセット

はさみ職人's EYE

これはハイネッタ(ナルト)オリジナルのネジです。

ゆるみにくいです。

が!ハサミの構造的に緩みやすいです。

正確に表現すると、ねじだけに注目すると緩みにくいです。

しかし、ハイネッタの構造(動刃と静刃の間のパッキンがはいっていて、刃と刃がわざとケンカするような構造)ため、開閉で刃がなじみやすいです。

なじむとオブラートに包んで表現しましたが、包む前は「すり減りやすい」ので、その分緩んだ状態になりやすいです。

その構造は悪いわけではなく、良いところだと思います。実際それで支持されていますね。

ちなみにこのネジ・・・50年使っているとかハサミを拝見しますが、ほとんど悪くなっているものはないです。(少しはあります)

精度良く作られているんでしょうね。

当時の職人さんの匠の技に頭がさがります。

 

・・・

このハサミ、

研ぐ方、研ぎたてを使う時、要注意です。

もしかしたら、同業の方が読んでいらっしゃるかもしれませんね。

(というか、ほとんどそうなのかもと思ったり・・・)

刃を鋭くし過ぎだと、かなりの確率で刃と刃がケンカして閉じなくなります。

特に刃元は要注意です。

使う方へ、できるだけ長く慣らしをした方がいいです。できたら、1か月とか・・・。押切をすると刃と刃がケンカします。閉じなくなります。それでも無理に閉じると、櫛刃のV溝が折れます。実際そんなはさみが多いです。

研ぐ人へ、刃元はちょっとやりすぎくらい、刃を殺した方がいいです。押切の人だとトラブルの元になりがちです。

・・・・