切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 タマコー THEぼかし

セニングのくし刃には、いろいろなタイプがあります。

今回のものは、フラットのもの。

その特徴はどうでしょうか?

タマコー THEぼかしを研ぎました

ハサミDATA

30目のセニング

ネジが緑色です。裏側がマイナスネジになっています。

ハンドルは独特のメガネ風オフセット。微妙にずれているのでオフセットです。

逆にひっくり返しても持ちやすいデザインです。

はさみ職人's EYE

171-thebokashi2

名前がtheぼかしという、つかいかたがわかりやすいですね。(^.^)

恐らくカットバサミで刈上げをしたあと、
このスキバサミを使ってつなぎ目をぼかすんです。

カット率は、10%くらいに感じました。

ゆっくり丁寧につなぎ目をぼかして、自然な形を作るんだと思います。

さて。

このセニングのくし刃は、フラットです。

昔からのスタンダードなスキバサミは、V溝があります。

最近のものは、Wの溝があります。

ついでに、「vvv」こんなのもありますね。

このフラットの溝の言い方は、

フラット刃だったり、平らなタイプ、ファジー刃というメーカーさんもあります。

ファジーとは、「なんなく」「あいまい」という意味です。

切った感じが、「なんとなく切れています」

セニングしたラインがはっきりしないで、「なんとなく」ってときは、コレですね。

閉じる