切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 スーパーおそらく DX

ドライカットには、笹刃がいい

そんな話を耳にしますが、そもそも笹刃とは、どんな刃のことなんでしょうか?

スーパーおそらく DXを研ぎました

ハサミDATA

理容師さんの6インチのハサミです。

刃は、ハマグリ刃。そして笹刃。

ネジは埋め込みタイプ。

ハンドルは、オリジナルのめがね。特徴的ですね。

はさみ職人's EYE

笹刃には、2種類の形があります。

・刃元がえぐれているタイプ

・刃元がえぐれていないタイプ

今回のハサミは、動刃と静刃で組み合わせのタイプがちょうど今回のハサミです。

 ・ ・ ・

167-osoraku2

まず、写真では裏を向いていて白くなって方です。

これは笹刃。刃元がえぐれているタイプです。

刃元がえぐれている笹刃とよばれたり、プロペラみたいな笹刃といわれたりします。

最近のセニングの棒刃と同じです。

そして、下の穴が開いている方です。

これは刃元がえぐれていない笹刃です。

普通の笹刃という感覚がありますが、間違いのないように「刃元がえぐれていない笹刃」と言っています。

違いは、どうか?

一番の違いは、刃元です。

スライドカットなど、刃元を多用する場合は、切れ方にかなり違いがあります。

また、重さもかなり違いがありますね。

閉じる