切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 サムライ 6インチ

刃こぼれはありませんでした。

きれいに使っていらっしゃいました。

サムライ 6インチを研ぎました

ハサミDATA

片剣刃の6インチ。

柳刃。

ハンドルは、左にずれたオフセット。

ネジは、出っ張りのパネル自在ネジ。

はさみ職人's EYE

表面上は、普通のはさみの切れ味です。

ただ、このハサミの構造は特殊でした。

それは、特殊な構造で作ろうとして、ミスったあとが残っているところです。

ベアリングが動刃と静刃の間にワッシャーとベアリング風なものがありました。

このベアリングと一緒にパッキンが入っていました。

これが特殊なの構造です。

ただ、ベアリングの高さがあわないので、意図的に補充した感じです。

将来的に刃先に力がなくなると思います。

きっと価格崩壊セールにでているんでしょうね。

それを承知で、購入をきめるのであれば、いい買い物ができるかもしれませんね。

ちなみにハサミを安く作ろうとすると、

材料(B級品)を買い叩いて・・・

職人の人件費を買い叩いて・・・

そんな風にすれば、より安く作れるはずですね。

 

安く買えることはいいかも知れません。

しかし、いくら安いからといって、問題ある材料で、一生懸命作らないで手の抜いた跡のある道具というのは、どうでしょうか?

「神は細部にやどる」という言葉があります。

細かいところにまで、気が届く仕事をしてこそ、お客様に喜んでもらえるものではないでしょうか?

技術を買っていただく、われわれ職人が「手抜きの道具」を使って、いい仕事ができるものでしょうか?

閉じる