切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 コウホウ 笹刃

「ストロークするとひっかかる」

とのことです。

ストロークカットもするし、ほかにウェットでブラント・チョップとなんにでも使うということです。

コウホウ 笹刃を研ぎました

ハサミDATA

6インチ。

ハマグリ刃の肉厚幅広の笹刃。

ハンドルは、メガネ。

ネジは、埋め込みタイプのコンパチネジ。

はさみ職人's EYE

刃が幅広で大きいため、ちょっと重いです。

ストロークをすると、その重さで手首に負担を掛けやすいです。

あまりやりすぎると、痛くなってしまうので気をつけてください。

どちらかというと、スライド用に使っていらっしゃる方が多いと思います。

すこし重い分、上から下にスライドをさせるのにやり易いようです。

ブラントカットなどを笹刃でやろうとすると、毛が逃げます。

今回の刃付けは毛が逃げないようにしました。

この状態は、毛が優しく切れていい感じです。

しかし、切れなくなってくると、刃の形状のため毛は逃げるものです。

これを直すには、刃の形を削って改造するしかありません。

笹刃は毛が逃げます。

当たり前と感じるかもしれませんが、意外と知らないひともいらっしゃいます。

知らないで悩んでいるひともいると思うので、これを読んだら、まわりのひとに教えてあげてください。(^^)

閉じる