切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

よくある質問

押しグセが強く、腱鞘炎気味なのです

(質問)押しグセが強く、腱鞘炎気味なのですが、

親指薬指を腱鞘炎で手術したことのある美容師です。

今は手首と肘も悪く手術を検討中しております。

痛みのせいか、押切する癖があります。

こんなクセのあるハサミでも大丈夫でしょうか。

(回答)

お仕事柄、腱鞘炎になってしまうと仕事全般が不自由になってしまいますね。

今まで私が接してきた中で、腱鞘炎で仕事を休んだ人のハサミは、100%押切のクセがある方です。

押しグセがあっても、腱鞘炎でないという方もいらっしゃいます。

しかし、腱鞘炎で仕事を休んだ人は、100%押しグセだったのです。

腱鞘炎になるとみなさん、すごくて、ガムテープでドライヤーと手を巻きつけて仕事をしたとか、気合で左でハサミを使ったとか・・・いろいろ伝説になりそうな物語があります。

さて

「押しグセのハサミをどう考えるか?」とのことですが、問題はございません。

研いで切れるようになります。

しかし、正直に申し上げれば、当店に出してもメリットは少ないかもしれません。

と言うのは、押しグセが強い場合、

(多少の押しグセあるというレベルでは問題ありません。
意識して押すように切っている。
押し切りしてナンボくらいこじって切るレベル)

は、すぐ切れなくなってしまう可能性があります。

そのためにそれ用の刃付けにすればいいわけですが、その刃付けは手抜き刃付けになります。

普通の人が使うと、あまり切れないと感じる刃付けです。

私としては「手抜き研ぎ」になるので、あまり気が乗らないのです。

あえて申し上げますが、当店ではなく、他の安くて早い・・・というところで検討されてもいいと思います。

閉じる