切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

指かけの加工

 指かけの加工について

メールが届きませんでしたので、代わりにこのような形でお伝えします。

曲げる方向は①②でしょうか?

 

それとも

③④でしょうか?

 

③④の場合、力で曲げると折れたり、ひびが入るように裂けたりします。

一度切断して、曲げた状態に溶接するというのが一般的になります。

 

これから先は、

もしかしたら、、、の可能性の話です。

指かけを加工してもよくならない。
加工しなくても、持ちやすくなる。
という話を聞くことがあるので、お伝えしておこうと思います。

一般論ですが、

このように浅く指を入れて持つと不安定です。

大きく開くのは難しいです。

↓逆に安定させるには、深めに入れる方が多いです

このくらい深くして、

コンテストに夢中になっている方がいらして、
その方は写真くらい深く入れて小指を曲げて、
小指の腹を指かけのお尻のところに乗せると言っていました。

この小指で刃先の向きを調整すると言っていました。

先日、
トリマーさん向けのカット講習を拝見する機会がありました。

このように持っていて、
小指にハサミがのっかりにくいとおっしゃっている方がいました。

このようにすれば、いいよという声がありました。↓

写真はやりすぎですね(笑)

以上となります。

実際、
せっかく加工しても、
よくならないということもあります。

そうなると、
お互いが不幸です。

そうならないために、
知っていることをお伝えさせて頂きました。

僭越でしたが、
ご検討のほどよろしくお願いいたします。

閉じる