切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

よくある質問

刃の角度度

(質問)刃の角度度

先日ネットで書いてあったのですが、イルカが餌になる生き物を捕らえる時の頭の角度が30度だそうで、 他の生き物にも共通する事だそうで、 鋏もまず髪をつかまえると考えた場合に、鋏も30度で研ぐのが宜しいと書いてありました。

ある研ぎ屋さんは人間の鋏でカットする時の手の自然な角度は38度で、 この角度が一番好ましいと 言われてました。

ある研ぎ屋さんは段刃もはまぐり刃も45度でしか研がないとか、 この方でもお得意300件ぐらい回られてます。

(回答)

こんにちは

刃の角度とのことでよろしいですかね。

私の中の基本イメージは、43度くらいだと思います。
これはハサミによってもかなり変わります。

変わるので、43度と表現しましたが、40度でも45度と捉えてもいいです。

刃付けは刃の角度だけで決まりません。

それ以前に、いろいろと重要なことは多いからです。

その他が完璧だったとして、話をつづけます。

30度でもいいと思います。
60度でもいいと思います。

一般的に刃角度は、鋭角なほど切れ味がいいです。
45度よりも30度の方がよく切れます。
30度よりも29度の方がよく切れます。

逆に、 鋭角なほど、トラブルが起きやすいです。

例えば、刃と刃がケンカして閉じなくなるとか、
コームに少し触れただけで切れなくなるとか、、
切れなくなるのも早いです。

こまめに研ぐ環境があれば、鋭いほうがいいかもしれませんね。
なので、理容師さんで研ぎが好きな先生は鋭角を勧めると思います。

「すぐ切れなくなる」説明をさせていただきます。

例えば、針で柔らかい豆腐を刺すと問題なく刺さります。

でも硬いものを刺すとどうなるでしょうか?
工事現場での石とか刺すと、針が曲がってしまいます。
いくら硬い針でも、細いと弱いです。

逆にツルハシでやったらどうでしょう。ツルハシの方はびくともしていないと思います。

ツルハシも針も、刃物です。
理美容のハサミよりは安価ですが。

何が言いたいかというと、
針のように尖っていれば、ダメージが大きいということです。

髪の毛の硬さも銅線と同じくらいと聞きます。
いくら鋼が硬くても、鋭角な薄い刃だと刃の方にダメージがでやすくなります。

では何度がいいか?
気になるかもしれませんね。
永切れさせたければ、鈍角、
切れ味重視なら鋭角がいいと思います。

あと、
鋼によって少し変えてもいいと思います。
硬い鋼なら、多少鋭くしても長切れします。
柔らかい鋼なら、鈍角にした方がいいかもしれませんね。

もし、
お金を頂くのなら、
使うひとのクセも重要ですね。
すごいクセが強い人がいらっしゃいますから、注意が必要です。

でないと混乱するからです。

PS.イルカの頭と理美容のハサミの刃の角度を比較しているそうですが、その意味はよくわかりません。

イルカは海中の動物ですし、ハサミは2枚の組み合わせの刃物です。

イルカと比較するのであれば、せめてサメとかがいいかと思います。

また、人間のハサミを持つ角度が38度という説明もよくわかりません。

人間の手の大きさが違うように、ハサミを持つ角度もかなり違いますし、カットの方法でも全く違うからです。

 

閉じる