切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

よくある質問

ダイヤモンドで削りすぎということはないですか?

質問:ダイヤモンドで研ぐそうですが、硬いダイヤモンドで研ぐ場合、すごい削られてしまうか心配です。
そのへんはどうなんでしょうか? (大阪 Hさま)

回答:

「研ぎで小さくなってしまった・・・」というのは、プロの仕事として未熟です。

ダイヤモンドなどの研磨剤の違い依然の問題です。

通常、落としたりして刃の異常がない限り、研ぎで小さくなることはありません。

当店がダイヤモンドを使用しているのは、ハサミに対してより負担のかからない研磨剤だからです。

もしかしたら、サロンワークでも、 パーマ剤やカラー剤で、負担のかかるものとかからないものがあるんではないでしょうか。

そう考えられてもいいかもしれません。

良く切れるハサミでのカットは、仕事が早くて仕上がりもいいものです。

ハサミの研磨もそのようにお考えください。

実は、砥石や研磨剤のいいものは、良く磨ける・・・という表現は使いません。

よく切れるというのです。

ダイヤモンドは研磨剤のなかで、一番よく切れるものです。

よく切れるからこそ、ハサミに負担をかけずに、仕上がりもいい刃付けができるのです。

閉じる