切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

よくある質問

はさみに寿命?はありますか?

質問:「はさみに寿命?はありますか?
研ぎを繰り返すことによりこれ以上無理という限界はありますか?
いつでもいいので教えて下さい、お願いします!!」

回答:素晴らしいお気遣い、ありがとうございます。

さすが、優秀な美容師さんはお客様以外にも気遣いをされるんですね。

見習わさせて頂くことが多いです。

さてさて。

まずは、シンプルな回答バージョン。

シンプルな回答

寿命はあります。

悪いハサミほど、早く寿命がきます。

そして、複雑バージョンの回答。

複雑な回答

ないです。

昔のハサミはありました。

あなたが生まれる前くらいのハサミです。

50年前のハサミは、ハガネと軟鉄と貼りあわせて作られていました。

「着鋼」という技術ですね。

このハサミは、研ぎ込むとハガネがなくなります。

この時が寿命でした。

しかし、今のハサミは、刃全てがハガネです。

どんなに小さくなろうと、ハガネなので、切れます。

なので、寿命はないです。

さらに複雑バージョンの回答。

より複雑な回答

このHPを見てしまうような、とても勉強熱心なアナタ向けにお伝えします。

または、おしりをかきながら、ビールを片手に、たばこを吸っているアナターも大丈夫です(笑)

そうでないかたは、読むと分けわかんないので、読まないで下さい。

プロの理美容師さんのレベルというと、実はもっと複雑です。

まず、

プロレベルの切れる切れないの確認です。

ハサミが切れないというのは、

よく切れないので

仕事にならない・・・という意味ですよね!

毛が折れてしまって全く切れない・・・ということでなくて、

無理すれば、切れる・・・くらいですよね。

で。

このプロレベルでみたとき、

寿命はあります。

通常、研ぎに出すと、切れ味は100%復活するものです。

(まあ、中には100%でなくて、200%よくなったり、50%だったりあるかもしれませんが、、)

これが研ぎ込むと、100%でなくて、80%くらいになります。

ただ、恐らくこのレベルだとある程度、我慢できると思います。

更に・・・

研ぎ込むと・・

切れなくなる時期が早くなります。

例えば、

新品に近い頃の場合。

はじめ・・・切れるハサミは、やっぱり仕事が早くていいなあぁ。

2週間後・・・オオタさん、いい仕事してくれたね。ビンビンきてるよ!

1か月後・・・絶好調でないけど、まあこんなかんじだろう・・・

2ヶ月後・・・まあまあ・・・

3ヶ月後・・・まあ

4ヶ月後・・・違う、、、切れるけど違う、、、

6ヶ月後・・・早く研ぎたいなあ・・・研ぎたいけど粘るか・・・

寿命間近になったときの場合

はじめ・・・切れるハサミは、カットがうまくなった気がして、サイコー

2週間後・・・オオタさん、相変わらずいいね。

1か月後・・・まあ、使えば切れなくなってくるよね

2ヶ月後・・・ハガネが、弱くなってきているのかなぁ・・・

3ヶ月後・・・あれぇ!!? もう終わり?

ポイントは、ハガネが弱くなってきているのかも?と感じるところです。

実際は、ハガネが弱くなってきているというよりは、ハサミの作りがヘタっているイメージです。

んー。わかりにくいですね。

例えば、自転車でも長い間使っていると、サビがでて動きが弱くなったり、タイヤが減ってきたり・・・そういういったイメージです。

専門的に言えば、裏刃が広がっていてウラスキが浅くなっている状態です。

この状態だと、開閉が重くなったりしています。

対策は、オーバーホールです。

ハサミのオーバーホールみたいなことをすると、新品レベルに復活します。

「じゃあ。

研ぎ込んで、

針みたいに細くなっていても、

復活するんだな?」

って、言っちゃうアナターーーーーーーーー!!

はさみとして使うより、

小さな穴を明けて、針として使いましょう(笑)

閉じる