切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

ハンドルの種類

ハンドルのモデルです。

磨き前の状態です。従来のハンドルを新しいものに交換です。

メガネ向き(指かけが脱着タイプ)

(1)ストレートメガネ

シンプルなメガネ

※写真は、材料です。これから溶接、穴あけ、磨きなどの工程が入ります。

1s-megane

(2) ラクダネジ

指かけは、ネジタイプ。ラクダのメガネにも使われる。指穴の大きさは、標準的。2rakuda-neji

(3) Y-18

指かけは、ネジタイプ。ラクダのメガネに使われることもある。指穴は大きめ。

3y18m

(4) OK1

ラクダオフセット。指穴大きめ。シンプル。
4ok1

(5) NH-1

3Dタイプ。

※3Dとか、ヒネリとか、ツイストとか呼ばれるタイプ 下のNH-2より、小さめ。

5nh1

(6) NH-2

3Dタイプ。NH-1より、大きめ。

6nh2

(7) Y-25

ラクダオフセット。薬指穴は、刈り込み鋏用としては少し大きい。ヒットポイントの足が短め 。

7y25

(8) Y-16

ストレートオフセット。ヒットポイント足大きめ。

8y16

(9) G-7

ストレートオフセット。持った時に刃とクシと密着させやすい角度を意識されている。薬指穴が斜めになっている。

9g7

(10) G-3

ストレートオフセット。クシと密着を意識した、薬指穴が斜めになっている。

親指穴は、すりばち状になっている。ヒットポイント足、なし。

10g3

※その他、動刃と静刃を別々で組み合わせにすることも可能です。

閉じる