切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

お役立ち日記

熱いメッセージを受け止めました

こんにちは。オオタです。

近所にディスカウントドラックコスモスが建設中です。

奥様方はテンションupup↑。

そして、更に建設中なのが、

ドラックユタカとエディオン・・・

すでに近所にあるせいか、テンションupどころか、「他のお店でもいいのに・・・」って言っています。まあ、わからんでもないけど・・・

こんなにお客様の声を書いていただきました。

ありがとうございます。

で。

で。

で。です。

「用紙に書いたが、書ききれなかった」とのことでメッセージも頂きました。

オオタ。うれしいです。感動です。涙と一緒に鼻水・・・感動のハリケーンです!

ありがとうございます。

 

意外とこういったケースでお困りの方がいらっしゃるので、少し解説をさせて頂きます。

「戻ってきて直ぐは切れるのですが 直ぐにきれなくなってしまい、正直こんなものなのかな?って思っていました。(1日のカット人数が多い店なので…)」

このところ。

戻って来たとき、恐らく、「すごくよく切れる」だったと思います。

それって、そういう刃付けなんです。

始めはすごくよく切れるけど、すぐ切れなくなる刃付けです。

僕の刃付けについて

「オオタさんから返ってきたハサミを使ってみると、初めに使った感触が全然違いました。 力を入れなくても吸い付くように髪が切れる❗」と言ってくれています。

これは少し大げさな気もしますが、始めはよく切れるけど、だんだんと馴染んできて更に良く切れるようにしています。

これはだんだん馴染ませるというのがポイントで、使い人の使い方に馴染んだときピークに達するように仕込んでいます。

もちろん、ピークに達したら、切れないようになります。

そのときセームでこまめに拭き取っていると、永切れ期間が長くなります。

あと、もう一つ。

「酷かったときは、戻ってきて直ぐ毛を挟んでも切れない等…(笑)その時は直ぐに連絡して研ぎ直してもらったのですが、押切をしてるから歪みが出てると言われました。」

今回の方はこういったことはなく、ただ単に研ぎの問題でした。

しかし、、、です。

押切のクセで毛が切れないということは、実際にあります。

それは、◯◯という安く大量に販売しているメーカーのハンドルに角度がある、ヘネシータイプのやつです。

メーカー名を出したいくらいですが、嫌な感じになってしまうので控えます(笑)

そう。大人の対応です(笑)

それは、作りが不十分なハサミの場合などです。押せば押すほど切れないハサミというのが実際にあります。(普通に押さないで使えば切れます)

ってことで、

コスモスのお店ができるよ!って話でした!(笑)