切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

お役立ち日記

メーカー保証の砥ぎ、半端ないって

こんにちは。オオタです。

神戸のみっちゃんからこんなメッセージを頂きました。

「今回初めてお願いする●●●シザー7インチは、先日メーカー保証対応により 砥いでもらったのですが やっぱりダメです。」

とのこと。

「やっぱりダメです」って!

いろいろとツッコミが入りそうです。

なんで、

製造メーカーに戻すと駄目で、オオタに研ぎに出すのかって?

それはたぶん、オオタがいい仕事をする確率が高いってことだと思いますが、天狗になってはいけません。

それだけ期待が大きいということで、ハードルが高いということです。

正直、期待が小さくてハードルが低ければ、喜んでいただくのは簡単です。

でも、製造メーカーよりもハードルが高いわけで、、、。

がんばります!

ちなみに

この手のお問い合わせは結構あります。

メーカーに戻すと、

・逆に切れなくなった。

・小さくなった。

などです。

なんで?

そんなことがあるのでしょう。

それは、

単純に、

ハサミを作るときの刃付けをする職人と

ハサミをメンテナンスするときの刃付け職人とが

違うからです。

似ているのは、

同じ美容室でも、

店長さんのカットと

新人さんのカットでは

技術レベルが違うというのが近いです。

ハサミを作る職人さんは、10万円とかで販売されるので、それなりに優秀です。

逆に、

無料メンテナンスだと、、、

無料ですから、、、

無料だと、、、ねぇ。

もちろん、きちんとされているメーカーさんもあると思います。

しかし、そうでないメーカーさんもあるということですね。