はさみ職人動画撮影の打ち合わせをする (ハサミのパーツ名称)

こんにちは。オオタです。

実は、ハサミについての講義動画を作ることになりました。

その打合せをしていまして、、、

そんなカメラの前で上手に話す自信はなく・・・

まあ、、、、

ウダウダになりそうです。

が、その辺は「編集」という強い武器があるので、彼らに任せようと思っています。

今日の日記では、紙面シュミレーションと言うことで・・・

ハサミについて基礎知識編ということで、お話させて頂きます。

 

みなさん。

こんにちは。

ハサミのお兄ちゃんだよ!

名前はオオタトシカズ。

トシおにいちゃんって呼んでね!

はさみのおにいちゃんでもいいよ!

(爆笑の声を入れる)

 

自己紹介おねがします。

京都でハサミの職人をやっております。

もうかれこれ、独立して20年が経ちましてた。

ハサミを研ぎは、年間2-3000丁くらい(仮)研いで・・・・。研ぎ代が3000円だとすると、年間1000万円くらいですかね・・・20年なら、2億円ですか・・・・

っていう話をすると、僕の年収とか想像つくし、、、何よりイヤラシイので言いません(口チャック!)

(ここは、ブーイング音を)

インターネットのおかげで、全国のお客様とご縁を頂いております。お客様には、日本を出られて世界で活躍している方もいらしゃるので、間接的に世界の方々とご縁を頂いております。

 

世界と言うと、どの辺の地域が多いんですか?

ホントに世界中で、北はロシアはいないですけど、カナダとか・・ヨーロッパはドイツとかになるんでしょうか。

南は南半球ですね。

オーストラリアとかニュージーランドとかです。

ホンマに、日本人、活躍されていて、同じ日本人として誇らしいです!

 

では、ハサミの講義おねがします。

まずは、ハサミのそれぞれの名称からいいでしょうか。

はい。

これが動刃です。そして静刃があります。

ご存じだとは思いますが、プロのハサミの使い方は、動刃を動かして、静刃は動かさないんです!

何でか、わかりますか?

そこの、元乃木坂46の白石麻衣さん!

 

(白石さんになりきって)よくわかりません。それの方がいいって習いました。

うん。はい。正解!完璧です!

そういうものなんです。

(爆笑の声を入れる)

白石さんの補足説明をすると、ですね。大体3つ理由があります。

ひとつは、

切るところを狙える!です。

包丁とまな板の関係のように、片方は動かない方が切る的を絞りやすいからです。

なので静刃は、まな板のようにじっとしてもらって、動刃は包丁のように動かします。

もうひとつは、

毛を逃げないように切るため。

両方とも刃を動かすと、、、昔の床屋さんでは「(口がパクパクしてる)きんぎょバサミになってる」と怒られたようです。

金魚ばさみだと、毛が滑ってきちんと切れないです。

試しにやってみて!

 

オオタさん長くなりそうなので、次に行ってください。

はい。ここはハンドル。

指を入れて、持つところですね。

一般の方は親指と中指を指穴に入れますけど、プロの皆さんは親指と薬指ですね。

この間にあるゴム。

これをヒットポイントと言います。

日本語だと、「当たるところ」ですね。

なんか、普通過ぎてがっかり・・・

 

オオタさん、もう少し、なんか追加の話、ないんですか?

ありますけど、、、、どんどんディープになりますよ。

いいんですね!

 

いいんです。

はい。そういうことなら、深くお話しします。

ヒットポイント、これがないとどうなるでしょうか?

取れてしまった場合などです。

実際にハサミを目の前にすると、わかりやすいです。

この場合、刃と刃の重なりが深くなりすぎて、反対側から刃が出てしまうようになります。

そうすると、キケン!

毛を切るけど、手を切るし、肌も傷めてしまいます。

なので、近くの良さそうなゴムを見つけて、自作ヒットポイントをとりつけるとします。

そうすると、逆に刃と刃の重なりが浅すぎて、刃先が閉じ切らないという状態になることがあります。

パッと見た感じは問題なくても、よく見ると閉じ切っていないようなハサミは実際にあります。

こうなっていると、

刃先だけ、切れない!とか

研ぎに出したら、刃先1ミリだけ、切れないとか・・・意外と多いです。

経験が浅い研ぎ屋さんにだすとこうなることがあります。

 

へぇ。詳しいですね。

他にもあるんですか?ヒットポイントの話。

はい。詳しいですよ。ベテランですからね。

このヒットポイントには、ゴムだけではなく、金属のものもあります。

金属だと、開閉のたびにカチカチします。

うるさいと思いますか?

それは、人それぞれなので、うるさいと感じる人もいるかもしれませんし、カチカチのリズムが心地いいという方もいます。

なので、

わざわざ、ヒットポイントを金属にして「俺はハサミでカチカチのリズムを作り、世界を音楽にしたいんだ~」と言う方もいます。

ホントはいなんでしょ。

バレました!

(笑い声。大爆笑がいいです)

世界を音楽にしたい人はいませんでしたが、金属ヒットポイントにする方は少なくないです。

 

へぇ。詳しいですね。

他にもあるんですか?ヒットポイントの話。

おっと、挑戦ですね。

金属のヒットポイントにすると、音がでるというのが特長です。

逆に悪い面もあります。

それはネジ穴が大きくなるという点です。

そもそもヒットポイントの役割とは、ゴムにすることで衝撃を吸収するという役割があるんです。

ゴムから金属にしたことで、衝撃を吸収できなくなってしまうということになってしまいます。

衝撃は、ネジ穴で吸収しきれず、穴が広がってしまうということになります。

穴が広がってしまうと、開閉に違和感が出てきます。またハサミを閉じ切っても刃先が開いたままだったり、逆に閉じすぎて逆に刃が出てしまったりします。

そうなってしまったら、もう治せません。

 

へぇ。詳しいですね。

他にもあるんですか?ヒットポイントの話。

おっと・・・

そんな話、なんぼでもありますよ。

一見、同じようなヒットポイントですが、圧入タイプとネジタイプがあります。

どちらがいいとか、悪いとかは無くて、、、

始めは、

古代ローマ時代ですね。

このときのヒットポイントはゴムでした!

そうですよね。長澤くん!

 

(長澤まさみのお面をかぶった人が登場)

ローマ時代だと、古すぎてわかんないじゃないですかぁ。

ゴムをつける技術とか、なさそうだけど・・・

そうですね。正解!

昔のハサミのヒットポイントはゴムがなかったんです。

たぶん、昭和の初めまでなかったんじゃないですかね。

たぶん、長澤さんが生まれた頃じゃないですか。ゴムがついたのは最近の話ですよ。

まあ、少なくても100年は、たっていないと思います。

ヒットポイントのところに穴があって、そこに細長いゴムを差し込む(圧入)して取り付けられています。

その後、ねじタイプが世に出てきます。

なんでか、わかるかな?

ファーストサマーウイカさん!

 

(ファーストサマーウイカのお面をかぶった人の登場)

それ、しっとる。PL法と関係あるんちゃいます?

え~。なんか当たり!

なんか、大阪らしく、いいボケを期待したのに残念だなあ・・

実はボケだったんですけど、当たってしまったか・・・

PL法とは、使う人が困らないようにちゃんと製造してね。という法律です。

アメリカで

濡れた猫を乾かそうとして、電子レンジに入れて、チンしたら死んでしまった!

と言う事故がありました。

常識で、それは使い方がまずいということです。

しかし、当時のPL法のあるアメリカでは、「電子レンジメーカーはそんな注意書きをしていない」ということで、製造した電子レンジメーカーが悪いということになりました。

この話を聞いて、日本にもPL法ができるということで、ピリピリしたことがありました。

これをハサミのヒットポイントにあわせると・・

たまたまヒットポイントが取れてしまった。

刃の重なりが深すぎて、指を切ってしまった。

ハサミを作った人がわるい!

どうしてくれるんだ。

カネよこせ!

となってしまいます。

で。

取れにくいヒットポイント、、、取れないヒットポイント・・・と考えて出てきた答えが、

ネジ式のヒットポイントだったんです。

ネジだから、普通に使っても取れないし、回さないと取れないし、、

そんなことで

ねじタイプが生まれたそうです。

実際、

ネジタイプでも取れることはあるし・・・

ヒットポイントがないハサミで怪我して、トラブルになったという話も聞きません。

ハサミの場合は、電子レンジの猫とは違うんでしょうね。

 

へぇ。詳しいですね。

他にもあるんですか?ヒットポイントの話。

え。まだ・・・

アナタ、かなり、Sですね!

行きますか。エンドレスになるんで、最後は簡単に。

ヒットポイントの取り付けに穴が開いているという話をしました。

この穴、サイズがあります。

日本にあるハサミの大半は2種類の大きさです。

大半と言うと、97.8%はそうだと思います。

なので、仮に取れてしまっても、代用品で、何とか修理できます。

残り2.3%ありますが、それも大体決まってますので、99.9%修理可能かと思います。

こういうこともあるので、なじみのハサミ屋さんを持っておくといいですね。

 

自動車税をpaypayで払って、IT強者になってやる!

こんにちは

オオタです。

 

自動車税を支払ってください手紙が来ました!

こういう支払系は、手持ちのお金があれば24時間以内に支払うことにしています。

そうすると、お金が貯まるみたい。

クレジットカードで支払うことができて、

そうするとポイントが付いて、お得!らしいです。

 

ですが、手数料がかかるみたい。

逆に損のようです。

 

あとは、銀行・・コンビニ・・そして、電子マネーでもOKということがわかりました。

 

スマホに入っている、ペイペイでチャレンジすることにしました。

(ちなみに、普段はペイペイはほとんど使わなくて、交通系スイカ派です)

残高が2,000円くらいだったんで、50000万円を握りしめてセブンイレブンに行きました。

ATMの前で、いろいろとやってみました。

が、、できず、、、定員さんに聞いてチャージできました。

 

で、説明書を見ながら

ペイペイアプリの「請求書払い」を初めて使ってみました。

コンビニ用のバーコードを自分のスマホで読むんですね。

そうすると、イイ感じで画面がすすんで、スムーズに支払いができました。

 

あれ・・・なんかオチがない・・・どうしよう・・・

じゃ、また!

 

鋭い刃について、研磨実績を追加しました。

こんにちは。オオタです。

日本は平和です。

平和過ぎて、庭のお花の写真をとりました。

「お花」なんて、上品に「お」をつけてしまいました。

カンブンが一心不乱に花の蜜を吸ってました。

 

 

研磨実績更新しました。

今回は「カンサイ」というハサミ、珍しいです。

カンサイ COBALT7.5を研ぎました

刃が鋭いとトラブルが多いっていう話です。

このページの先頭へ