切れるハサミは楽しいし、美しい仕事もできる。そんな手助けが僕の仕事です。京都はさみ職人 オオタトシカズ

研磨実績 KIKUI60

KIKUI60です。

今回は高橋さんのハサミです。

シンプルなメガネの6インチです。

高橋さんいわく「最近、ザラザラしたきた・・・」と。

毎日はさみの刃を触っているそうです。

すごいですね。

自分の道具に関心を持つというのは、プロとして素晴らしいですね。

BRAVO!!そんな愛されているハサミとはどんなものでしょうか?

KIKUI60を研ぎました

ハサミDATA

6インチのカットシザーです。

刃は、柳刃のハマグリ刃。

ハンドルは、シンプルなメガネ。

ネジは、ちょっと特殊なマイナスネジです。

はさみ職人's EYE

むかーし、むかし。

とてもきれいな美容師さんがいました。

その方は言いました。

「わたし、どんなハサミでもいいの。100円ショップのハサミでもいい!」と。

あぁ。

外見は美人で、中身がおブスのひとだ!(笑)

 

仮に私が、こんな風に言ったらどうでしょう?

「研ぐなんて、腕なんだから、何だっていいんだよ! 100円ショップの紙やすりで充分!」

コワイですね(笑)

お金払って絶対研ぎに出したくないですね。(笑)

私は外見がブスでも、中身はハンサムでありたい!というタイプです。(笑)

 

さてさて

このハサミの最大の特長は、材料。

このハサミには、cobaltと表記されていますが、一般的にステライトと呼ばれているものです。

一番のメリットは、錆びない!

錆びているものを見たことがありません。

逆にちょっと難しいのは、 刃付け。

鋭すぎる刃をつけてると、ひきちぎる感じが強くなってしまいます。

そんな感じの切れなくなっているハサミを良く見ます。

切った感じは刃のつけ方で、かなり変わるタイプのハサミです。

あっ。

あと、曲がりやすいです。

床に落としたりして、打ちどころが悪いと、、イッてしまします・・・

ハサミはみんな落としたりすると良くないものですが、このハサミは特に注意が必要ですね。

閉じる